オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

杖のポーズのやり方・効果 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE公式

ヨガポーズのやり方・紹介

今回は ダンダーサナ(杖のポーズ)の紹介、効果とやり方についてです。

両足を前に伸ばして座るヨガの座法の基本ポーズです。
サンスクリット語で「ダンダ」は「杖」という意味で、床についた腕を杖に見立てたポーズです。簡単そうに見えますがハムストリングス(太ももの裏)が硬かったりすると、座り方自体が厳しかったり、上手に背筋を伸ばせなかったりするので、実際にご自身で鏡を見ながらチェックしてみましょう。

注意点:太ももや腰にトラブルがある場合は注意をしながら行いましょう。

効果
・姿勢改善
・体幹の強化
・集中力アップ
・リラックス効果

 

主な部位: 「脚」

今回はYOGATIVEに在籍してるMisato先生に杖のポーズの紹介をしていただきました。
ヨガレッスン以外にもパーソナルトレーナーとしてダイエット、シェイプアップの指導も得意とする経験豊富なインストラクターです。またボディコンテスト出場経験もあり、最大で17kgの減量も経験している事から食事アドバイスも得意としています。
Misato先生の詳細はこちら

やり方

①両足を前に伸ばして座り、左側のお尻を浮かせながら左太ももを内側に回旋させ坐骨を床につける。右側も同様にして、左右の坐骨をしっかりつける。

②肩の下に手がくるように床に手をつき、左右の坐骨を然りと床に立て、骨盤をまっすぐに立てる。背中を長く保ちながら背筋を伸ばす。目線は正面で、踵を前に押し出すようにし、膝を伸ばす。胸を左右に広げ、二の腕の外側を後ろに引く。

【軽減法】
膝を伸ばすと骨盤が後ろに傾いてしまう場合は、膝を曲げておこないます。または、お尻の下にブランケットやヨガブロックを敷いて高さ調節して行います。

ポイント

★坐骨が左右均等に床についているか意識しましょう。

★骨盤を床と垂直にし、背骨を自然なS字カーブに保つようにします。

★かかとは前に押し出すようにして、膝を伸ばしましょう。

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧