オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

手を後ろで組んだ体側を伸ばすポーズのやり方・効果 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE公式

ヨガポーズのやり方・紹介

今回はバッダ パールシュヴァコナーサナ(手を後ろで組んだ体側を伸ばすポーズ)の紹介、効果とやり方についてです。

体側を伸ばすポーズ(パールシュヴァコーナーサナ)に両手を組む動作を加えたポーズになります。パワーヨガやフロー系ヨガなどでもよく使われるポーズです。床に手をつかないため体幹の強化をすることができます。上半身が前に倒れないよう、足をしっかりと踏みしめて行いましょう。

注意点:首、股関節、膝にトラブルがある方は無理のない範囲で行いましょう。

 

効果
・体幹の強化
・下半身の引き締め
・骨盤矯正
・代謝アップ

 

主な部位: 「お腹」「脚」


今回はYOGATIVEに在籍してるMisato先生に手を後ろで組んだ体側を伸ばすポーズの紹介をしていただきました。
ヨガレッスン以外にもパーソナルトレーナーとしてダイエット、シェイプアップの指導も得意とする経験豊富なインストラクターです。またボディコンテスト出場経験もあり、最大で17kgの減量も経験している事から食事アドバイスも得意としています。
Misato先生の詳細はこちら

やり方

①タダーサナから始めます。

②左脚を大きく後へ引き、左つま先を45度内側へ向けます。

③右膝をかかとの真上まで曲げ、上体を横に倒します。右の前腕を右膝の上に置き、上体を起こします。

④背骨をまっすぐに保ちながら右手を右足の内側に置き、上体をさらに倒して、左腕は背中から回し、右足の付け根へ回してきます。

⑤右手を脚の下から後ろに回して左手を持ち、胸を天井に向かって捻ります。この時左脚の外側が浮かないように足裏全体でマットを踏みしめましょう。

【軽減】手を組めない場合はタオルやベルトなどを使いましょう。

★上体が前に倒れないように胸を開き肩甲骨を寄せましょう。

★横に上体を倒した時に足にもたれかけないように体幹と足で上体を支える意識をします。

★顔と胸を天井に向ける意識をします。

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧