オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

鋤(すき)のポーズのやり方・効果 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE公式

ヨガポーズのやり方・紹介

今回はハラーサナ(鋤(すき)のポーズ)の紹介、効果とやり方についてです。

仰向けで足を頭の方へあげて背中や肩をストレッチする逆転のポーズです。
サンスクリット語で「ハラ」は「鋤」を意味し、土を耕す鋤の形にポーズが似ていることに由来しています。
このポーズは首を痛めやすいので、首に負担がかかる場合は足の下に台を置いたり、足を曲げて行うと首への負担が軽減できます。

注意点:首にトラブルがある方、高血圧、生理中、妊娠中の方はこのポーズは控えましょう。

 

効果
・肩こり解消
・自律神経改善
・内臓機能の活性化
・背中、肩、腰の柔軟性

 

主な部位: 「お腹」「脚」

今回はYOGATIVEに在籍してるMisato先生に鋤(すき)のポーズの紹介をしていただきました。
ヨガレッスン以外にもパーソナルトレーナーとしてダイエット、シェイプアップの指導も得意とする経験豊富なインストラクターです。またボディコンテスト出場経験もあり、最大で17kgの減量も経験している事から食事アドバイスも得意としています。
Misato先生の詳細はこちら

やり方

①仰向けになり膝を立てます。顎が上がらないようにして首の後ろを長く保ちます。

②両手で床を押さえながら、お腹に力を入れて両脚を持ち上げます。

③お尻を持ち上げ、両手を背中に当ててサポートします。

④息を吸いながらつま先を頭の先につき、遠くへ歩かせます。両肘を伸ばして肩甲骨を寄せるようにしながら両手を組みます。後頭部と二の腕の外側で床を押し、腹筋に力を入れてバランスを取ります。この時背骨を長く伸ばすようにし、後頭部でマットを押しましょう。両手と両足のかかとで引っ張り合います。
左右へ首を振ると首を痛めてしまうので目線はおへそをキープしましょう。

★つま先が床につかない場合は膝を曲げて足を緩めます。

★首で体重を支えるのではなく、肩で支えられているか意識しましょう。

★骨盤は床と垂直にし、腰と背中を伸ばします。

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧