オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

ねじった体側を伸ばすポーズのやり方・効果 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE公式

ヨガポーズのやり方・紹介

今回は パリヴリッタ パールシュヴァコナーサナ(ねじった体側を伸ばすポーズ)の紹介、効果とやり方についてです。

このポーズは下半身を安定させた状態で体側(体の側面)を伸ばすポーズになります。下半身に負担がかかりやすいため、下半身の強化や脚を引き締めたりする効果もあり、結果、冷え性の改善や代謝アップなどの効果も期待できます。
サンスクリット語の「パリヴリッタ」には「ねじった」、「パールシュヴァ」には「側面」という意味があることに由来しています。

注意点:首やひざにトラブルがある方は痛みの範囲でおこいましょう。また鼠蹊部(股関節)にトラブルがある方も注意が必要です。

効果
・下半身強化
・脚の引き締め
・腸の働きを活性化
・骨盤矯正

 

主な部位: 「脚」「お尻」

今回はYOGATIVEに在籍してるMisato先生にねじった体側を伸ばすポーズの紹介をしていただきました。
ヨガレッスン以外にもパーソナルトレーナーとしてダイエット、シェイプアップの指導も得意とする経験豊富なインストラクターです。またボディコンテスト出場経験もあり、最大で17kgの減量も経験している事から食事アドバイスも得意としています。
Misato先生の詳細はこちら

やり方

①タダーサナ(山のポーズ)で立つ。

②吸いながら右足を腰幅の2倍程の広さに広げ、つま先を45度外側に開き、踵をマットにつける。

③吐きながら左足の膝を曲げながら左足に体重を乗せすぎないようにし、重心は骨盤から真下で、ずっしりと下方へ踏み込む。

④吸いながら右手を天井に突き上げて、息を吐きながら上半身を前へ倒し、右手を左足の外側に着き、右肩(肘)を左膝の外側に引っ掛けるようにする。

⑤吸いながら、左手を斜め前方絵伸ばす。目線は左手指先へ。この時、右肩(肘)と左膝で押し合うようにし、骨盤を安定させる。反対も同様に行う。

【軽減ポーズ】
①右肩(肘)を左膝の外側にかけづらい場合は、右手を左膝の内側に着いて行ってみましょう。この時にお腹の中心から強くねじるようにしていく。

②右肩(肘)を左膝の外側にかけられない、手がマットから離れてしまう方はブロックを使って高さを出して行ってみましょう。

ポイント

★上に伸ばした手から伸ばした足までの体側が一直線になるようにしましょう。

★曲げた方の膝が足首よりも前に出ずに、直角になるように意識しましょう。

★伸ばした手と足の先を反対方向に引っ張り合うようにして体側を伸ばしましょう。

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧