オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

ねじった半月のポーズのやり方・効果 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE公式

ヨガポーズのやり方・紹介

今回は パリヴリッタ アルダ チャンドラーサナ(ねじった半月のポーズ)の紹介、効果とやり方についてです。

ねじった身体を片手と片足で支えるヨガの中でも難易度の高めのポーズとなります。ウエスト周りや足を引き締める他に、内臓機能のアップにも効果的です。
サンクスリット語でアルダは「半分」、チャンドラは「月」という意味で、パリヴリッタは「回転した」という意味なので、回転した半月というそのままの意味になります。

注意点:首、腰、ひざにトラブルがある場合は無理のない範囲で行いましょう。

効果
・内臓の活性化
・足、お尻の引き締め
・バランス力アップ
・体幹の強化

 

主な部位:「脚」「お尻」

今回はYOGATIVEに在籍してるHiroko先生にねじった半月のポーズの紹介をしていただきました。基本的なヨガ以外にもマタニティヨガ・マタニティリストラティブヨガ・産後ヨガも担当できる経験豊富なインストラクターです。また薬剤師という経歴をお持ちで総合的な健康サポートも行なっています。
Hiroko先生の詳細はこちら

やり方

①タダアーサナから始めます。

②手を腰に置いて、右足を後ろに引きます。この時骨盤が右に開かないように真っ直ぐ正面に向けたままです。

③吐く息で股関節から体を前に倒します。足裏4点でマットを均等に押して、足の力を発揮させて、骨盤を床と平行にします。

④右手を左足の外側につき、体を左にひねります。(パリヴリッタトリコーナアーサナ)

⑤目線をマットに戻し、右手を前に移動させ、左足に体重を移動させていきます。

⑥右足をマットから離して、かかとを押し出しながら上げていきます。

⑦内ももを引き締めながら上半身を左にひねります。
軸脚の足裏4点でしっかりとマットを捉え、上げ足は真っ直ぐに伸ばし、骨盤は床と平行、胸を左に向けて、左手を天井に向かって伸ばします。目線は左か天井に向けて、ここで呼吸します。ポーズから抜ける時は、目線をマットに戻し、手は腰に、上げている右脚を下ろし、左ひざ(軸脚)を曲げてから上体を起こします。

⑧反対側も同様におこないます。

ポイント

★頭頂からかかとが一直線になるように意識しましょう。

★両腕を広げて胸を開きましょう。

★バランスをするのが難しいときは目線を下に向けたままポーズをとります。

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧