オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー


半分の前屈ポーズのやり方・効果 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE公式

ヨガポーズのやり方・紹介

今回は アルダ ウッタナーサナ(
半分の前屈ポーズ)の紹介、効果とやり方についてです。

このポーズは太陽礼拝の流れの中で行う基本のポーズです。なるべく背中を丸めずに、背骨をまっすぐにしたまま股関節から前屈していきます。
サンスクリット語のアルダには「半分」、ウッターナには、「十分に伸びる」という意味があることに由来しています。

注意点:首にトラブルがある場合は前屈時に頭を持ち上げて前を見ないようにしましょう。坐骨神経痛の方は背骨丸めないように気をつけます。

効果
・ハムストリングス、ふくらはぎの柔軟性
・呼吸機能アップ
・背筋の強化
・姿勢改善

 

主な部位: 「背中」「ハムストリング」「体幹」


今回はYOGATIVEに在籍してるMisato先生に
半分の前屈ポーズの紹介をしていただきました。
ヨガレッスン以外にもパーソナルトレーナーとしてダイエット、シェイプアップの指導も得意とする経験豊富なインストラクターです。またボディコンテスト出場経験もあり、最大で17kgの減量も経験している事から食事アドバイスも得意としています。
Misato先生の詳細はこちら

やり方

①タダーサナ(山のポーズ)で立つ。

②息を吸って両手を腰に添え、背筋を伸ばす。

③息を吐きながら頭頂ができるだけ遠くを通るように意識して、身体を太ももの付け根から曲げて屈曲する。

④息を吸いながら、上半身を起こし、頭頂とお尻で引っ張り合い、背骨を真っ直ぐな状態にする。首の後ろは伸ばし、肩の力を抜く。

【軽減ポーズ】
背中をまっすぐにするのがポイントなので、手はマットにつけなくてもOKです。太もも、膝上、すねなどに手をそえる、もしくはブロックの上に手を置いて、背中を真っ直ぐにする感覚を身につけてみましょう。

ポイント

★首がすくまないように耳と肩の距離を保ちましょう。

★背骨と腰が丸まらないように意識しましょう。

★首は反らせたり見上げたりするのではなく、長く背骨の延長線上に伸ばす意識をします。

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧