オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

合せきのポーズのやり方・効果 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE公式

ヨガポーズのやり方・紹介

今回は バッダコナーサナ(合せきのポーズ)の紹介、効果とやり方についてです。

このポーズは股関節の柔軟性をアップさせ、内もも(内転筋)を伸ばすヨガの基本的な座位のポーズになります。合せきのポーズをすることによって血流が促され、腎臓や膀胱、前立腺などの泌尿器系の働きを整える効果も期待できるといわれています。

注意点:股関節にトラブルがある方は無理に反動をつかったり、手で押したりしないように注意します。

効果
・股関節の柔軟性
・血行促進
・むくみ解消
・骨盤調整

 

主な部位: 「太もも」「股関節」


今回はYOGATIVEに在籍してるMisato先生に合せきのポーズの紹介をしていただきました。
ヨガレッスン以外にもパーソナルトレーナーとしてダイエット、シェイプアップの指導も得意とする経験豊富なインストラクターです。またボディコンテスト出場経験もあり、最大で17kgの減量も経験している事から食事アドバイスも得意としています。
Misato先生の詳細はこちら

やり方

①ダンダーサナ(杖のポーズ)で座る。

 

②左右の足の裏を合わせて座り、両手を腰の後について左右の坐骨をしっかりと床につけ、骨盤をまっすぐに立て、背筋を伸ばす。この時太ももの付け根を外側に回旋させる。踵を身体の方に引き寄せ、両膝を床に近付ける。
肩は力を抜き、引いて下げる。足の裏同士を本のように開くようにする。

(横向き)

バリエーション①両手を前に突き、息を吐きながら、背中を長く保ったまま上半身を前に倒す。

バリエーション②両手をでつま先をつかみ、つま先におでこをつけるように背中を丸めながら前屈する。

【軽減ポーズ】
両膝の下にブロックを置くと、膝を床につけるイメージを持ちやすくなる。

ポイント

★腰は丸くならないようにし、頭頂を上に伸ばすようにしましょう。

★坐骨は左右均等に体重をかけます。

★股関節が痛い場合は膝の下にヨガブロックやタオルを下に置いて行うと怪我のリスクを軽減できます。

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧