オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

バッタのポーズのやり方・効果 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE公式

ヨガポーズのやり方・紹介

今回は シャラバーサナ(バッタのポーズ)の紹介、効果とやり方についてです。
バッタのポーズはうつ伏せの状態から胸や顎を床からあげる後屈のポーズで、「うつぶせの舟のポーズ」とも呼ばれています。背中と脚の引き締めにもつながり、姿勢の改善やそこから生じる問題の改善も期待できます。

注意点:急に足をあげたりすると腰に痛みが出る場合もあるのでゆっくりと持ち上げましょう。また腰や首にトラブルがある方は痛みのない範囲で行います。

効果
・お尻と背中の引き締め
・姿勢改善
・骨盤底筋の強化

 

主な部位: 「背中」「お尻」

今回はYOGATIVEに在籍してるMayumi先生にバッタのポーズの紹介をしていただきました。
ヨガレッスン以外にもパーソナルトレーナーとしてダイエット、シェイプアップの指導も得意とする経験豊富なインストラクターです。
Mayumi先生の詳細はこちら

やり方

①うつ伏せになり顎を床に置きます。

②両手を体側に伸ばし、手のひらを天井に向け、足は揃えます。

③恥骨を床に落とし、上体・足を上げます。この時臀部、肩、首の力は抜きます。お尻の奥に力を入れ、前方(顎を突き出しすぎない)を見ましょう。手先と足先は下の壁に向かって伸ばし、手先は肩から、足先は足の付け根から伸ばすイメージをしましょう。

 

軽減方

負荷を少し軽くする方法として下半身だけ上げるバージョンと上半身だけ上げるバージョンがあります。どちらのポーズも腰に違和感があったり、窮屈感があったりする場合に有効的なポーズになります。下半身だけ上げるバージョンは腰を反らすイメージではなく、ハムストリングスとお尻で足を持ち上げるようにしていきましょう。

 

ポイント

★吸う息で足と胸を床から上げ、吐く息で戻します。

★両脚を持ち上げるのが難しい場合は、片脚ずつ行ってみましょう。

★顎を前に突き出しすぎると首を痛める場合があるので、床を見ることを意識して行います。

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧