オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

頭立ちのポーズのやり方・効果 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE公式下向きの犬

ヨガポーズのやり方・紹介

今回は シールシャーサナ(頭立ちのポーズ)の紹介、効果とやり方についてです。

ヨガを日々行なっている人は一度は挑戦したくなるポーズの一つです。怖いと思われがちですが、身体が硬い人でも支える力とバランス感覚があればできるポーズになります。ですが中級者から上級者向けのポーズですので、無理のない範囲でおこまいましょう。

注意点:背中と首にトラブルがある場合、頭痛、心臓の異常、高血圧、低血圧などは避けましょう。

効果
・消化機能の向上
・ストレス解消
・集中力アップ
・腕、肩、体幹の強化

 

主な部位: 「体幹」「腕」

今回はYOGATIVEに在籍してるMisato先生に頭立ちのポーズの紹介をしていただきました。
ヨガレッスン以外にもパーソナルトレーナーとしてダイエット、シェイプアップの指導も得意とする経験豊富なインストラクターです。またボディコンテスト出場経験もあり、最大で17kgの減量も経験している事から食事アドバイスも得意としています。
Misato先生の詳細はこちら

やり方

①膝立ちになり、両手で両肘をつかみ、腕を組む。組んだ腕を床に下ろし、足の指を立てる。

②肘の位置を変えずに組んだ腕を解いて両手指を床の上で組む。

③ゆっくりと頭頂にあるツボ「百会」(左右の耳を結んだラインの中央)を床につける。肘と頭頂で正三角形を描くイメージで、組んだ手で頭を包み込む。

④脇を締め、両肩を耳から話すようにして首を強く伸ばし、少しずつ体重をかけながら前に歩いていき脚を伸ばす。

⑤ゆっくりと体重を移動させ、腰を頭の真上まで引き上げる。同時に膝を胸に引き寄せ、床から両脚を離す。この時、百会を床につけ、ずらさないように。

⑥内腿を内旋させるようにしながらゆっくりと膝を伸ばし、頭頂から足まで一直線に伸ばす。この時腰を反らさず、肋骨を開かないようにすること。

ポイント

★初めて挑戦する人は首や背中を痛めてしまうおそれがあるので、まずは壁に向かっておこないましょう。

★まずは80~90%の体重を肩と腕に乗せ、徐々に頭に重心移動していきます。

★逆立ちの状態が止まれない場合は体幹(体の中心)でバランスをとるように意識しましょう。

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧