オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

仰向けで足の親指を掴むポーズのやり方・効果 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE公式

ヨガポーズのやり方・紹介

今回は スプタ・パダングシュターサナ(仰向けで足の親指を掴むポーズ)の紹介、効果とやり方についてです。
片足の親指を仰向けの状態で掴むポーズになります。腰に負担をかけずにおこなえるポーズなので、リラックスしながらゆったりとすることで疲労回復にもつながります。脚が固くて指が届かない場合はストラップやフェイスタオルを使ってバリエーションも増やすことができます。

注意点:消化器官にトラブルがある方や妊娠中(4ヶ月目以降)の方は無理のない範囲で行いましょう。

効果
・股関節の柔軟性
・婦人科系の不調緩和
・リラックス
・腰痛の緩和

 

主な部位: 「ハムストリングス」「ふくらはぎ」

今回はYOGATIVEに在籍してるMayumi先生に仰向けで足の親指を掴むポーズの紹介をしていただきました。
ヨガレッスン以外にもパーソナルトレーナーとしてダイエット、シェイプアップの指導も得意とする経験豊富なインストラクターです。
Mayumi先生の詳細はこちら

やり方

①仰向けになり、片足の膝を曲げ足の親指を持ちます。※指を掴むのが難しい場合はストラップやフェイタオルを使い、腰や足の負担を軽減させます。

②反対側の手は腰に置き、腰と臀部を床に着けます。

③ゆっくと曲げた膝を伸ばし、ハムストリングスが深く、気持ちよくストレッチ されていることを感じ3回ほど大きく呼吸を繰り返し、反対も同様におこないます。

☆バリエーション
太腿の内側と鼠蹊部(そけいぶ)のストレッチ をした場合は指を掴んだまま、もしくはストラップを足裏にかけたまま足を横に倒します。

ポイント

★首に力が入らないように頭はゆったりと休めましょう。

★肩と首はリラックスします。

★足を上げたときに骨盤が傾かないように床と平行の状態を保ちます。

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧