オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

仰向けの魚の王のポーズのやり方・効果 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE公式

ヨガポーズのやり方・紹介

今回は スプタ・マッツェーンドラーサナ(仰向けの魚の王のポーズ)の紹介、効果とやり方についてです。

仰向けの状態でリラックスしたたまま骨盤からねじるポーズになります。背中を安定したままねじるため、腰やお尻のストレッチや体幹の強化につながります。腹筋が使えていないと足の重さに腰が引っ張られてかえって腰を痛めてしまう原因となりますので注意が必要です。

注意点:首や腰にトラブルがある方はひねりの度合いに注意しながら行います。

効果
・腰痛の緩和
・ウエストの引き締め
・疲労回復
・体幹強化

 

主な部位: 「体幹」「お尻」


今回はYOGATIVEに在籍してるMisato先生に仰向けの魚の王のポーズの紹介をしていただきました。
ヨガレッスン以外にもパーソナルトレーナーとしてダイエット、シェイプアップの指導も得意とする経験豊富なインストラクターです。またボディコンテスト出場経験もあり、最大で17kgの減量も経験している事から食事アドバイスも得意としています。
Misato先生の詳細はこちら

やり方

①仰向けになり、息を吐きながら左膝を胸に寄せ、両手で抱える。

②息を吸いながら、右手を左膝に添える。左手は手のひらを下に向けて肩の真っ直ぐ横に伸ばす。

③息を吐きながら、左膝を身体の右側へ倒す。目線はまずは右側へ。

④首に痛みなどなければまずは目線は真っ直ぐ上に向けていきます。

⑤首の向きを最後に左手の指先に向けていく。この時左の胸のストレッチも感じていきます。足を倒していく方向と反対側の肩が浮きやすいので、しっかり床につけるようにする。

ポイント

★腰痛がある方は腹筋の力を抜かずに徐々に動かし、腰とお尻が気持ちよく伸ばされるポイントを探しましょう。

★背中と肩甲骨が床から浮かないように骨盤から捻りましょう。

★急に捻りのポーズを行うと腰を痛める場合があるので、キャットカウのポーズなどで背骨の動きをほぐしてから行うと良いでしょう。

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧