オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

食欲の正体

ヨガについて, 美容・健康

3食しっかり食べているはずなのに、ちょっとした隙間時間になんだか口がさみしくなってしまう。寝る前に何か食べないと落ちつかない。わかっているけどやめられない!そんな「抑えきれない食欲」。上手にコントロールするにはどうしたらいいのでしょうか?

私たちの「食べたい!」という気持ちの源は、一体なんなのでしょうか?しっかりご飯を食べているから、栄養的にはもう充分なはずなのに、なんだか、物足りなくて食べてしまう…実は、これはストレスが原因かもしれません。自律神経のバランスを取り戻そうと、体が食べ物を欲しているのかもしれません。

 

自律神経は、アクティブな神経の交感神経と、リラックスの神経の副交感神経からなり、それぞれ両方がバランスを取り合い、私たちの体を一定の状態に保ってくれています。ストレスが過剰になると、アクティブな神経が優位になり、緊張状態が続いてしまいます。その結果、なんとかリラックスモードを優位にさせようと、体が食べ物を欲してしまうんですね。この、リラックスモードが優位になるのは、食後です。みなさんも、食後はゆったりした気持ちになったり、眠くなったりしますね。これは、私たちの自律神経が一定を保つために何かを食べることでリラックスを優位に働かせようとして、ストレスを紛らわそうとしているのです。

 

ヨガの八支則には、「むさぼらない」「足るを知る」という教えがあります。これは食べ物に限った話ではありませんが「すでに足りているものを求めるのはやめましょう」「すでに足りていることに気づきましょう」という教えです。ヨガ的な視点で見ると、余分なものを欲してしまうのは「本当は満たされているのに、自分が今足りていないと感じているから」ということになります。ここが大切なポイントで、今自分が何が「足りていない」と感じるのかを、取り違えないようにしましょう。

食べているのに食べたくなるのは、本当に自分に足りないのは、食べ物ではないはずです。自分をしっかりと見つめ、問題の本質を見極め、何が必要なのかを丁寧に選び取っていきましょう。例えば、食べているのに栄養バランスが悪くて体が栄養不足で食べようとしているのかもしれないし、睡眠不足で本当は体は眠ってリラックスしたいのに、寝る時間がないから食べて体が緩もうとしているのかもしれない。食べると言うことは、1番手っ取り早くリラックスできる、わかりやすい手段かもしれません。でもじっくりと原因を観察して、自分で自分を満たしてあげることが大切なんですね。

食欲を抑えるために意識したいこと

【ゆっくり食べる】

食べ過ぎてしまうのを防ぐためには、少ない量でも満足することが必要です。栄養をしっかり取ることはもちろん大切ですが、それをクリアできていれば、それ以上は余分なカロリーです。早食いしてしまうとたくさん食べてしまうので、できるだけたくさん噛んでゆっくりと食べることを意識しましょう。

【腹八分目を習慣化する】

恐ろしいことに、お腹がいっぱいになるまで食べていると、それに慣れてしまいます。おススメなのは、食事のシメには緑茶を飲む、とか、食べたらすぐに席を立ってお皿を洗う、すぐに歯磨きをする、と終わりのルーティンを決める事です。そうすると脳が、もう食事は終わりなんだな、とルーティンとして覚えるようになります。

【食べる瞑想で食べ物に集中する】

また、食べながら行う瞑想もおすすめです。スマホやテレビを見ながら、などのながら食べをやめ、少しずつ食べ物を口に入れ、口の中に集中してみます。食べ物をよく見る、香りや暖かさを感じる、歯ごたえや触感、味などを細部まで感じ、食べることに集中します。いつもは難しくても、例えば一人でご飯を食べるときには意識してみるのがおススメです。瞑想の実践は自分の状態を理解する手助けになり、ストレスマネジメントにも効果的です。さらにゆっくりと食べる必要があるので、早食いの防止にもなります。

栄養バランスのとれたダイエット食事をする人

そして、ヨガも副交感神経を優位にするのに役立ちます。ヨガのゆったりした呼吸や動きは、心を落ち着け、リラックス効果が期待できます。今の自分の心と体に意識を集中させていくことで、日頃悩まされている何かを、自分から一度引き離して物事を客観的に見つめられるようにもなります。自分の客観視は、ストレスマネジメントには欠かせません。自分のストレス度合いに気づき、積極的に発散しましょう。もちろん、ヨガだけではなく、ランニングや筋トレなどアクティブに運動することですっきり前向きな気持ちになると、何かを食べたい気持ちも収まりやすくなります。

 

いかがでしたか?必要以上の食欲に悩んだら、気合いで押さえ込むのではなく、ストレスを感じていないか、そして何にストレスを感じているのかチェックしてみましょう。それを食べ物でストレスを解消するのではなく、何か他の自分なりの解消方法を見つけていきましょう。

 

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧