オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

不調を招く、◯◯とは?

ヨガについて, 美容・健康

これから、少しずつ季節は冬へと向かっていき、冷えが気になる季節がやってきますね。体温低下は血管が収縮し、さまざまな不調を招きます。人間の体温は4割以上が筋肉でつくられています。現代人の体温が低下傾向にある大きな原因は、日常的な運動不足。便利な暮らしになり、家事などで体を動かす機会がなくなり、筋量が減っています。理想的な体温よりも低いと体にどんな影響があるのでしょうか?

体温が下がると体は熱を逃がさないように血管を収縮させます。その結果、血行が悪くなり、酸素や栄養を各臓器に届けられなくなり内臓機能が低下。月経痛や便秘など、さまざまな不調を起こします。意識的に筋肉を動かすことが大切です。ヨガは深呼吸しながら体を動かし、副交感神経を優位にして血流を促す効果もあり、体温アップにおすすめです。

不調を招く、低体温とは?

低体温とは、およそ36℃以下のこと。自分の平熱を正しく知るには体温を測る時間帯が大切です。ベストは朝10時頃。体温は一日の中で変動しますが、その平均値に近い時間帯といわれています。そして、さわるとお腹が冷たい、という方は要注意。内臓の冷えが代謝不足を招きます。このお腹の冷たさは低体温のサイン。体温が低いと血行が悪くなり、内臓の働きが落ちて代謝が下がるため、お腹が冷たく感じられます。お腹を温めるには腹筋を鍛えるのも効果的です。熱を生み出す腹筋は自然の腹巻き、といえます。お腹は血液が多い部分なので、お腹が温まると温かい血液が全身を巡り、体温が上がりやすくなります。

お腹に手をあてる女性

そして、手足が冷たい人は低体温の予備軍かもしれません。冷え性が低体温というわけではなく、手足が冷たくても平熱が36.5℃ある人もいます。ただ、このタイプは体の中心の体温はたれているものの血液循環が停滞気味。末端まで血液が巡っていないため、低体温になるリスクが高いといえます。手足の冷えは体からの警告と考え、生活を見直すことが大切です。

そして、体温は1℃下がると免疫力が約30%下がるといわれています。東洋医学では「血」に関係し、気の巡りが滞るので、メンタルも落ち込みがちになると考えられます。体温を上げるには、筋肉を動かしましょう。特に、筋肉の7割以上が集まる下半身を動かすのが効率的です。食事では体を冷やさないように、冷たい飲み物や食べ物を控え、しょうがなど体を温める食材を意識的に摂りましょう。お風呂はシャワーで済ませず、湯船にしっかり浸かり、全身の血流を良くすることを心掛けましょう。

ヨガでからだをやわらくする女性が公園でストレッチ

いかがでしたか?冷えに負けない体作りに、ヨガはピッタリ。ぜひ一緒にスタートしてみませんか?今日も素敵な1日を♪

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧