オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

ヨガと夏の不調

ヨガについて, 美容・健康

おはようございます!
オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE〜ヨガティブ〜」です。

いよいよ本格的な夏です!みなさんは夏は好きですか?夏や、夏が終わる頃に出る小さな不調を放っておくと、秋に一気に体調が崩れ始めてしまいます。不調を溜め込まないで健康を維持し、1年を通して元気に楽しく過ごすためにも、不調対策を心がけましょう。

夏に起こりやすい不調

外気温が高いことで体の熱も上がってくると胃腸への血流が減り、猛暑で汗をたくさんかくために体内の塩分が不足すると、胃酸も減少してしまいます。これに加え、自律神経の不調によって胃腸の働きが弱まった状態のところに、冷えたジュースやビールを飲みすぎると、胃の調子が悪くなったり下痢を起こしたりしてしまいます。バテ気味の時は、スタミナ系の料理は避け、梅干しや酢の物でクエン酸を意識的に摂る、豚肉やお豆腐料理などでビタミンB1を摂るように工夫してみましょう。

栄養バランスのとれたダイエット食事をする人

汗には老廃物を排出する以外にも、体外に熱を放出するという役割があります。汗で体の中から熱を放出しないと体は高温に保たれ、熱中症のような状態に。夏にしっかり汗をかくことは、自分自身を守っていることになっているのです。ただし、汗をかくためにはその元となる“水”が必要です。ヨガの練習前後はもちろんですが、それ以外の時間もこまめに(冷えすぎたものではなく)水分補給を心がけましょう。

大切なのは自律神経のバランス

暑さのせいで食欲が出ず食事の時間が不規則になったり、睡眠不足で生活リズムが崩れると自律神経のバランスが狂ってきてしまいます。また、冷房で冷えきった室内と30度以上の室外を頻繁に出入りすることも、交感神経と副交感神経の調子が崩れ、体に負担をかけてしまいます。結果、疲れやすい、頭痛、肩こり、便秘や下痢といった症状が出てきてしまうことも。冷房の設定温度を見直してみたり、はおりものを持ち歩いて体温調整ができるように備えておきましょう。みなさんは、夏にも湯船に浸かっていますか?夏場はついシャワーで済ませがちですが、冷房で冷えた日の夜には湯船に浸かって体を温めましょう。入浴時間は、あくまでも自分が心地がいい時間だけで大丈夫です。無理をしすぎてのぼせないようにしましょう。そして何より、運動で筋肉量を増やし、冷えにくい体をつくることも大切です。ヨガは、ヨガマットをひくスペースがあればすぐに始められます。

オンラインヨガ yogative KANA ポーズ

自律神経のバランスを整えるヨガのポーズの代表格は、キャット&カウです。深い呼吸とともに、背骨一つ一つが動いているのを意識しながら行ってみましょう。


<やり方>
・四つん這いになり、肩の真下に手首、股関節の真下に膝がくるように。

ヨガの基本 猫のポーズ 反らす

・吸いながら胸を前へ開き、視線を斜め上へ。お腹の力は抜かず、腰を守りながらお尻は天井の方に持ち上げる

基本のヨガ 猫のポーズ

・吐きながら尾骨の先を床に向け、マットを両腕で押しながら背中を丸め、視線はおへそ。この動きを呼吸に合わせて繰り返す

いかがでしたか?開放感のある夏ですが、体調を起こしやすい季節でもあります。日常の中の小さなサインを見逃さなず、上手にヨガを取り入れながら、元気に楽しく過ごしていきましょう!

 


日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧