オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

背中のお肉を取るには?

ヨガについて, 美容・健康

なかなか落ちない、背中のお肉…自分よりも、人に見られる事が多く、背中で年齢がわかるともいわれています。背中にお肉がついてしまう原因は何なのでしょうか?

原因の1つとして加齢があります。

加齢とともに基礎代謝が衰えるため、今までと同じように生活を送っていると脂肪がつきやすく、背中にもお肉がついてしまうのです。また、この加齢に伴い体を動かす機会は徐々に減り、運動不足となりやすいため筋力の低下につながります。日常生活であまり使わない背中の筋肉は特に衰えやすく、背中に脂肪がつく原因となってしまうのです。

 

また年齢や性別に関わらず、背中にお肉がつきやすい習慣が身についてしまっていることが原因の場合もあります。

猫背

●デスクワークの時間が長い

●スマホを見る時間が多い

●背もたれの利用が多い

…心当たりはありませんか?これらの習慣は、背中の筋肉をほとんど使うことがありません。この習慣に共通していることは、背中を丸めた前かがみな姿勢であることです。実際に背中を丸めた姿勢をとってみるとわかりますが、この姿勢は背中の筋肉が常にゆるんでしまっている状態です。この状態で長時間いると、背中の筋肉は使われずに衰えてしまいます。

ゆるんでしまった背中は、エクササイズで引き締めましょう!

背中の余計なお肉を解消する上で、肩と腕をつないでいる肩甲骨にアプローチすることも大切です。肩甲骨周りの筋肉は普段あまり動かさないため、凝り固まってしまっている場合が多いです。肩甲骨周りをエクササイズは、衰えてしまいがちな肩甲骨周りの筋肉を動かし、背中のお肉をスッキリさせることができます。特に肩甲骨周りには、【褐色脂肪細胞】という脂肪を燃焼する細胞があるため、エクササイズなどで鍛えることで、大きな効果が期待できます。普段あまり使用しない肩甲骨周りを鍛えることは、背中もスッキリさせるだけでなく、良い姿勢にも導きます。

いかがでしたか?何よりも継続することが大切。いきなりがんばらず、無理のない、継続しやすいところからスタートしましょう!

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

 ↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧