オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

むくみを改善するには?

ヨガについて, 美容・健康

オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE〜ヨガティブ〜」です。
日中は暑くても朝晩と涼しくなりましたね。冷房での冷えや冷たいものを食べたり飲んだりする事で、むくみやすい季節です。生活に支障をきたすほどではないけれど、むくむと体はだるくなるし、足も重くなりますよね。

通常体の中の水分バランスは、一定に保たれていますが、何らかの原因により水分バランスをうまく保てなくなると細胞間に余分な水分が溜まり、むくみが生じます。人の体は、約60%が水分でできています。その体内の水分の3分の2は、「細胞内液」という細胞の中に含まれる水分で、残りは「細胞外液」といい、血液に含まれる水分や、細胞と細胞の間を満たしている水分です。これらの水分は、細胞に栄養を送ったり、老廃物を除去する役割を担っています。細胞や血管の中を行き来して体内の水分のバランスを保っているのも特徴のひとつです。でも、このバランスが崩れて、細胞と細胞の間に水がたまり、増加したのが「むくみ」です。

【むくみを引き起こす原因】

この「むくみ」を引き起こす原因として挙げられるのが、まず血流の低下。デスクワークの人が、夕方になると脚がパンパンになるのは、脚の筋肉を動かさなかったために、足の血流が低下してしまうためです。体のなかでも、足がむくみやすいかというと、心臓から遠くにあるからです。特にふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たして血液とともに水を全身に巡らせているのですが、『ずっと動かずにいる』と重力の影響で水分が下半身にたまってしまいます。

そして朝起きて鏡を見たら顔がぱんぱん!ということはありませんか?重力によって水は高いところから低いところに移動するため、夜寝ている間は顔に水分が溜まりやすくなります。余分な水分の滞りが顔の皮膚の下で起こった状態が顔のむくみです。だから。朝に起こりやすいのですね。

むくみ予防には、食事を改善、生活習慣が予防に繋がります。食事面では、むくみを感じたら積極的にカリウムが含まれる食品を摂りましょう。体の中では、「ナトリウム(塩分)」と、カリウムがバランスを取り合って、血圧や水分を調節しています。「ナトリウム(塩分)」が多くなると、体は体内の塩分濃度を調節するために水分を溜め込んでむくみやすくなります。カリウムには、ナトリウムを尿として体外に排出する働きがあります。代表的な食材は、バナナやキュウリなど野菜や果物に多く含まれるので、積極的に摂るようにしましょう。

そして、普段から

・体を動かす

・長い間同じ姿勢でいない

・お酒や味の濃いものは控える

・水分はこまめに摂る

・お風呂は湯船に浸かる

・マッサージをする

ことを意識してみましょう。
むくみは血液やリンパ液など、体液が停滞することで起こります。その停滞を解消するのにヨガはピッタリ。ぜひYOGATIVEでヨガをスタートしてみませんか?今日も素敵な一日を♬

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

 ↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧