オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

マタニティヨガの効果

ヨガについて, 美容・健康

妊娠をきっかけに運動不足になりがち。運動不足になると、腰痛、肩こり、頭痛など身体の不調に悩まされることもありますね。妊娠中の身体と心のコンディションを整えるために、マタニティヨガがおススメです。

マタニティヨガとは

妊娠中でも行うことができる妊婦さんのための身体と心をケアするヨガです。通常のヨガとは異なり、うつ伏せの姿勢や、おなかを圧迫するような強度の高いポーズを避けるなど妊娠中の身体を考えた動きになっています。呼吸に合わせて、ゆったりとした無理のない動きを行うので、はじめてヨガをする方や、運動が苦手な方でも安心して行うことができます。

マタニティヨガには、妊娠期に悩まされることが多い腰痛、便秘、足のむくみなどの症状を緩和するためのポーズが多くあります。妊娠中の身体の変化によるトラブルに悩んでいる方にオススメです。妊娠中も仕事を続けたり、家事をしなければならなかったりと忙しい方も増え手います。忙しい方ほどリラックスする時間を意識してつくるようにしましょう。自分の身体と向き合う時間をつくるという意味でも、定期的にマタニティヨガを行うことがおススメです。マタニティヨガのゆったりとした呼吸法は、自律神経を整える効果もありますよ。

マタニティヨガは、妊娠期の身体と心をケアするだけでなく、出産や育児に向けて身体を整える役割もあります。

【妊娠期に起こりがちな身体の症状を緩和】

妊娠中は、腰痛、便秘、足のむくみ、頭痛などの妊娠前は感じなかった身体の症状に悩む方が多くいます。腰痛を和らげるために腰を伸ばすポーズや、腸の動きをよくして便秘の対策を行うポーズなど、妊娠期特有の身体のトラブルや悩みを緩和するためのポーズが多くあります。身体のこりや痛みなどつらい症状に悩んでいる方は、インストラクターに相談してみましょう。

【出産に向けての準備】

マタニティヨガでは、出産で必要な筋肉を意識し、伸ばしていきます。骨盤周りをゆるめ、骨盤底筋を意識する事で出産のときに赤ちゃんがスムーズに外に出られるようにします。大きくなっていく子宮を支えたり、産後の尿漏れを防ぐためにも骨盤底筋を鍛えることが大切です。マタニティヨガの呼吸法は、出産のときにも役に立ちます。深く長い呼吸を行うことで、筋肉の緊張が緩み、気持ちが落ち着く効果があります。陣痛のときに、マタニティヨガの呼吸法を行うことで、痛みを和らげて気持ちを落ち着けることができます。

【出産や産後の育児のための体力づくり】

妊娠をすると運動不足になり、筋力や体力が落ちてしまいがち。妊娠中こそ、適度な運動を行い、これから始まる育児に向けて必要な筋力をつけて体力づくりをしましょう。適度な運動は血糖値を安定させるので、妊娠糖尿病の予防にも良いと言われています。妊娠中に食欲が増加し食べすぎて体重が増えてしまう方もいるので、マタニティヨガで身体を動かし、運動する習慣をつけておきましょう。

【出産や育児に対する不安を和らげリラックス】

妊娠中は、色んな事が不安になることもあるかもしれません。マタニティヨガの深く長い呼吸法を学ぶことで、気持ちをリラックスさせ、不安を和らげることができます。自分の身体と向き合う時間をつくることで、一旦不安や悩みを忘れることもできます。妊娠中はホルモンバランスの変化で情緒が不安定になる方もいます。定期的に自分の身体と向き合う時間をつくり、リラックスすることを心がけましょう。

ヨガで腹式呼吸をする女性

マタニティヨガは、妊娠16週ごろ、主治医から運動の許可が出てからが目安。妊婦健診のときに、主治医に相談をしてみましょう。YOGTIVEでは、パーソナルレッスンなのであなただけに合わせたレッスンを行います。マタニティヨガの資格を持ったインストラクターが多数在籍しています。ご自宅で、自分だけの時間を楽しみませんか?ぜひお待ちしています!

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

 

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧