オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

子育てとヨガ

ヨガについて, 美容・健康

おはようございます!オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE〜ヨガティブ〜」です。

愛しい我が子。でも、四六時中そうとは限らないのが「育児」ですね。一人の時とは違い「自分の自由な時間」は少なくなります。「夜中起こされ寝たいのに寝れない」、「言うことを中々聞いてくれない」、「夫が忙しくて育児に中々参加してくれない」…原因はそれぞれですが、育児をしていく中で「イライラしない」なんてママは稀です。どんなに心の広いママでも怒鳴ってしまったり、理不尽に怒ってしまうこともあります。ついイライラしてしまい怒ってしまった後、落ち込んでしまった経験をお持ちの方もいるかもしれません。今日は、そんな子育て中のママに、身体のメンテナンスだけではなく、様々な面でヨガがおススメの理由をお話していきます。

ヨガの効果は子育てにも活かせる

ヨガの効果は様々ありますが、中でも実感しやすいものが「ストレス解消」効果です。世界的に活躍をしているスポーツ選手の多くがトレーニングにヨガを取り入れているのは、ヨガは身体面だけでなく、メンタル面にも作用する効果が期待できるからなんです。メンタル面に働きかける秘訣の一つは「呼吸法」です。ヨガを実践する上で最も基本と言っても良い呼吸には、私たちのメンタルを司る自律神経をコントロールする働きがあると言われています。できることから少しずつ実践していくことで「客観的に見る」トレーニングを積むことができるようになります。

ヨガでは、過去や未来は切り離して「今」に集中することを大切にします。怒りや悲しみと言った感情は、過去に起こったことや未来への期待などから生まれることが多く「今」目の前に起こっていることに集中することができれば、そう言った感情に振り回されることも少なくなってきます。そして、ヨガのポーズや瞑想をしている時、「今」の自分の身体や心はどう感じているか内面に意識を向けることが普段の生活でも様々な事の気づきに繋がります。イヤイヤ期の子どもが中々言うことを聞いてくれないことに対しても、「自我の芽生え」だからと気付きを深めて、わがままと思いがちなことに対しても成長と前向きに捉えられるようになります。イライラしてつい怒ってしまった自分、怒鳴ってしまった自分を否定してしまうママも少なくないかも知れません。自己嫌悪に陥るような出来事が起きたとしても、それは自分が成長するきっかけ。ヨガでは今の自分を受け入れることを大切にします。今の自分自身を受け入れる練習をすることで、普段の生活の中でも自分を否定することが少なくなっていきます。オンラインヨガで、隙間時間を自分の心と体のために使うことはもちろん、ヨガのエッセンスをぜひ、日常生活に活かしてみてくださいね!

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

 

 

 

 

 

関連記事一覧