オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

なぜお尻が垂れるのか?

ヨガについて, 美容・健康

おはようございます!オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE~ヨガティブ~」です。

何だかお尻がたれてきた…女性らしいボディラインを手に入れたい。しかし現実は、年齢を重ねるごとにたれ尻になる一方…そもそもどうしてお尻はたれるのでしょうか?それは運動不足が一番の原因です。原因は様々ですが、姿勢が悪く、寝ながらスマホをしていることも原因にあげられます。毎日の生活習慣を見直して、たれ尻を解消しましょう!

自分のお尻、見ていますか?

年齢を重ねると、後ろ姿に自信がもてなくなる方が多くなります。鏡で恐る恐る自分の後ろ姿を見て、のっぺりとたれたお尻にがっかりする方も多いでしょう。つい、気になる部分を隠すようにトップスは大きめ、だぼっとしたズボンなどボディラインが出にくい服を着ていませんか?一度たれてしまったお尻は何もしなければそのままですが、原因を解明して鍛えることでキュッと引き締まり、理想の形に整えることができます。

【運動不足で筋肉が衰えている】

運動不足は、男女問わず多くの人が抱えている問題です。デスクワークで一日中座りっぱなしも、たれ尻の原因になります。座っている間は、お尻の筋肉は休んでいる状態です。座っている時間が長いほど、お尻の大臀筋やハムストリングが使われない状態が続き、筋肉がゆるんでしまうのです。また座り方の姿勢によって、骨盤が後ろに傾きお尻がたれてしまいます。座るときは、できるだけお尻の筋肉を意識して座りましょう。

また、出産は人生で非常に大きな出来事です。出産するまでには、女性の体形は大きく変わります。赤ちゃんが産道を通りやすくするために骨盤が開き、横に広がった状態に。産後に骨盤をもとに戻す努力をしないと、骨盤は広がったまま固定され、お肉がつきやすい状態になってしまいます。出産後体調が落ち着いたら、徐々に整えていきましょう。

そして、大切なのは姿勢です。座って足を組むクセはありませんか?立っているときも右、左どちらかに傾いているなど重心が偏っていると、姿勢が崩れる原因に。PCやスマホを見ていると、背中が丸くなって猫背になってしまいます。ソファやベッドで寝ながらスマホを見ることも注意が必要です。

日常の姿勢を意識する事に加え、筋肉を鍛えてヒップアップを目指しましょう。たれ尻を改善するだけでなく、ウエストにくびれができたり、ヒップアップで足長に見えたりと体系にもうれしい変化が見られます。たれ尻の原因は大殿筋が衰えているからです。お尻には大殿筋・中殿筋・小殿筋の3つの筋肉があります。特に大殿筋はお尻の丸みを維持する大切な筋肉です。この筋肉を鍛えることで、プリッと上を向いた丸みのある桃尻になります。

今日は、ヒップアップにおすすめな【橋のポーズ】のご紹介です。

①仰向けになって両ひざを立たせます。ひざの真下にかかとが来るように引き寄せひざとかかとは腰幅に開きます。腕は体のすぐ横に置きます。

②ひざが開かないように固定しながら腰を持ち上げます。できるだけ高くへそを天井へ近づけるイメージで上げてください。


③両手をお尻の下で組みお尻が下がらないようにキープします。

④手をほどき、お尻をゆっくり下げます。
しっかりと床やマットを押してお尻を高く上げるのがポイントです。お尻だけでなく背中にも効果的なので、後ろ姿がキュッと引き締まるでしょう。

いかがでしたか?さらに自分に合った、効果的なトレーニングをプロに体を見てもらうことも近道です。この夏、美尻を目指してみませんか?


 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

 

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧