オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

ヨガと食事

ヨガについて, 美容・健康

ここに左カラムに表示させたい任意のテキストや画像タグを入力します。
ここに右カラムに表示させたい任意のテキストや画像タグを入力します。

おはようございます!オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE〜ヨガティブ〜」です。

もうすぐ夏!ダイエットしなきゃ…そんな方も多いのでは?

そしてヨガをしている人は、スレンダーで無駄な贅肉がついていない人が多いイメージはありませんか?どんな食生活を送っているのでしょう?

ヨガを続けていると、味覚や食事内容が変化したという人が多いです。ヨガをすると体内に蓄積されていた老廃物が排出され、自然と身体に栄養のあるものを食べようという気持ちが強くなります。また感覚が研ぎ澄まれ、自分にとって必要なものとそうでないものが分かるようになってきます。今まで食事内容を気にしていなかった人は、添加物や保存料の表示を見るようになったりも。食事量が多かった人は食事量のコントロールができるようになったり、お酒が大好きで毎日飲んでいた人は、飲む量が減ったりと変化が出てきます。

 

一般的に、ヨガの効果を高めるためにはなるべく空腹の状態で行なうことがおススメです。ヨガのポーズには、内臓を圧迫・刺激したり頭が逆転することがあります。お腹がいっぱいの状態でポーズを行うと、胃や内臓が圧迫されて気分が悪くなり、ポーズに集中できなくなってしまう可能性があります。

そのため、食事をする場合は、レッスンが始まる頃には消化が終わっている2~3時間前までに済ませておくのがオススメです。空腹時の方が身体が軽いのでポーズをとりやすいので、慣れてくると空腹の状態が心地良くなります。ですが、体に力が入らない・フラフラするという状態は逆効果です。仕事終わりなど、レッスン直前にお腹が空いてしまった場合は、消化に時間のかからない軽いものを摂ってみて下さいね。

オススメの食事と控えた方がいい食事

栄養を吸収しやすい状態を活かして、筋肉を作るタンパク質や普段不足しがちなビタミン、ミネラル、カルシウムなどを摂るのがオススメです。身体の内側から温まっているので、身体を温める食材を選ぶとさらに良いですね。レッスン直後は、脂っこいもの、お菓子、ファストフードなど高カロリーなものやお酒は控えましょう。水分補給は、ヨガで全身の血液やリンパの流れが良くなっている状態なので、お水をたっぷり摂って体内の老廃物を排出しましょう。水分補給は常温のお水か白湯がオススメです。

炭酸ペットボトルを飲む女性

ヨガ前後の食事を気をつけることで、ポーズの感覚や集中力に変化が感じられます。食べ物に感謝しながら、身体が欲しがっているものを食べる。ヨガを続けていくと、身体が求めているものが分かるようになります。それと同じように、コントロールしなくても身体が求めている食べ物が自然と分かるようになってきます。

食べることは生きること。

私たちの体や心は、外部から取り入れたものによって形成されます。ヨガマットの上だけでなく、ヨガマットの外でも身体の声に耳を傾けること。ぜひ習慣にしてみませんか?今日も素敵な1日を♪

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧