オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

前屈のポーズのやり方・効果 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE公式

ヨガポーズのやり方・紹介, 立位

今回はウッタナーサナ (前屈のポーズ) の紹介、効果とやり方についてです。

このポーズは柔軟性を高めることができ、太陽礼拝を行う時の一連の流れのなかに登場する馴染み深いポーズです。サンスクリット語で「ウッタ」は「入念、強さ」、「ターナ」は「伸ばす」という意味で、背中を引き締め、気持ちのリラックスにもつながります。

注意点:腰から背中を曲げていくと腰痛を引き起こすこともあるので、お腹の筋肉を使って身体を支えながら、股関節から前に倒していくようにしましょう。

効果
・背中の柔軟性向上
・気持ちのリラックス
・内臓機能向上
・腰痛予防

 

主な部位: 「背中」「お尻」「ハムストリングス」

今回はYOGATIVEに在籍してるHiroko先生に前屈のポーズの紹介をしていただきました。基本的なヨガ以外にもマタニティヨガ・マタニティリストラティブヨガ・産後ヨガも担当できる経験豊富なインストラクターです。また薬剤師という経歴をお持ちで総合的な健康サポートも行なっています。
Hiroko先生の詳細はこちら

やり方

①タダアーサナで立ちます。

②吸う息で両手を上に伸ばします。

③吐く息で股関節から体を前に倒していきます。

④この時おへそを背骨側に引き寄せてお腹の力は保ったまま行います。

⑤手を足の横に置くか、足首に添えます。ここで呼吸します。

☆お腹と太ももがつかない方はぴったりくっつくまで膝を曲げましょう。

⑥膝を曲げ手を腰に置き、目線を正面に向けて頭と心臓の高さを同じにする。

⑦かかとでマットを押し上半身を起こしてタダアーサナに戻ります。

よくあるミスアライメント:股関節から曲げずに背中が丸まっている状態。

*股関節から前屈出来ていないため背中の一部が強く曲がっている場合→膝を曲げ、背中が丸まらない所まで体を倒しましょう。
ブロックなど補助を使ってもOK

 

ポイント

★深く曲げることが大事ではなく、背中が丸まらないようにぴんと伸ばしたまま前屈しましょう。

★太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)の伸びが感じられない場合は、坐骨を天井方向に向けるイメージで行うとより伸びが感じやすくなります。

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧