オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

椅子のポーズのやり方・効果 オンラインパーソナルヨガYOGATIVE公式

ヨガポーズのやり方・紹介, 立位

今回は ウッカターサナ(椅子のポーズ) の紹介、効果とやり方についてです。

椅子のポーズは体の大きな筋肉群である体幹の強化や、下半身の引き締めに効果が高い立位ポーズです。サンスクリット語でのウッカターサナは「力強い・激しい」を意味し、膝を曲げ両腕を上げた状態でキープするので、力強さが必要なポーズになります。

注意点:腰から背中を曲げていくと腰痛を引き起こすこともあるので、お腹の筋肉を使って身体を支えながら、股関節から前に倒していくようにしましょう。

効果
・体幹の強化
・ヒップアップ
・背中の引き締め
・集中力アップ

今回はYOGATIVEに在籍してるHiroko先生に椅子のポーズの紹介をしていただきました。基本的なヨガ以外にもマタニティヨガ・マタニティリストラティブヨガ・産後ヨガも担当できる経験豊富なインストラクターです。また薬剤師という経歴をお持ちで総合的な健康サポートも行なっています。
Hiroko先生の詳細はこちら

やり方

①タダアーサナで立ちます。

②手を腰に置き、吐く息で股関節を後ろに引きながら膝を曲げます。

×膝がつま先より前に出ないよう注意する。

③吸う息で両手を上に持ち上げ耳横に伸ばします。

④出来る方は目線を指先遠くに向けて、ここで呼吸します。

ポイント

★グラグラしてバランスが安定しない場合は足を腰幅にしましょう。

★手を上げると肩が上がってしまう場合は両手の幅を広げるたり、手は腰に置いたままにしても良いです。

★首や呼吸が苦しい場合は目線は前に向けたままにしましょう。

 

 

 

日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サイト「YOGATIVE~ヨガティブ~」は、お持ちのスマホやPCなどを使い、自宅でもどこでも、講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、全く新しいオンラインサービスです。

↓詳細はこちらをクリック↓

関連記事一覧