肌の老化は頭蓋骨が関係している?

美容・健康

今回は肌に関する美容のお話です。
日本女性の多くが、気にしているシワやフェイスラインのたるみなどの肌老化。
肌の悩みであるシワやたるみを気にする女性
主な原因は、保水力の低下とコラーゲンの減少です。
それを少しでも回復させたり、現状維持するために、高級化粧品は買ったり、エステに通ったりしていますね。

実は頭蓋骨の骨量が大きく関係している?

肌の老化、劣化は頭蓋骨が関係している

そんな中アメリカの美容医療業界で、実は「頭蓋骨の劣化」も肌の老化に大きく関係しているということがわかってきています。
加齢によって、頭蓋骨の骨量が減り痩せることで、顔自体が下方向へ崩れて長くなり、眼窩という眼球の入る穴が拡大し目が落ちくぼんでしまいます。

頭蓋骨が痩せると、頭皮がたるんでフェイスライン自体がぼやけ、口元のシワが増えたり、ほうれい線などがくっきりと刻まれてしまうということです。

皮膚ばかりに注目していましたが、
実は骨もケアしないといけないんですね!
では、カルシウムを取って、これから骨量を増やせば良いか?
というと、骨の量、骨量が最大値となるのは3歳くらいと言われていて、
残念ながら、もう骨量を増やすことはできないのです…

しかも女性ホルモンのエストロゲンは、骨の新陳代謝と大きくかかわっていて、閉経を境に女性の骨密度はぐんと減ります。
だから、今ある骨量をなるべく減らさない生活をしていかないといけません。

栄養を考えた食生活をしよう

仕事が忙しくて、ストレスから暴飲暴食に走ったり、つい食事を抜いてしまう。
栄養バランスが良くないと、骨はもちろん、皮膚や髪の毛を美しく維持することは難しくなります。

私たちの体は食べたものでできています。
カルシウムなどのミネラルは体内で合成することができないので、食事から摂る必要があります。

乳製品、小魚、小松菜、海藻、大豆加工品、野菜などを摂りましょう!
肌の老化はミネラルとカルシウムが重要

ただカルシウムはそれだけで摂っても吸収率はとても低く、吸収率の高い栄養素と一緒に摂る必要があります。
カルシウムの吸収を良くするビタミンDは鮭、鰻、さんま、いくらなど。

骨コラーゲンを増やすビタミンKは、納豆、小松菜、ホウレンソウなどがあります。また紫外
線に当たることでもビタミンDは合成されます。適度に太陽を浴びましょう。

骨に良くない生活習慣は避けよう

タバコは肌に悪い
骨に良くない生活習慣としては、喫煙や過度のアルコールの摂取、過激なダイエット。またカルシウムの吸収を阻害するリン酸塩の過剰摂取となるインスタント食品やスナック菓子、加工食品はなるべく控えるようにしましょう。

運動も取り入れて骨を強くしよう

運動で骨を強くする女性
また、丈夫な骨を作るには食事だけでは十分ではありません。骨は衝撃を受けると、そこで受けたダメージを回復しようと骨量が増えるのです。

これができるのは、もちろん運動!
運動といっても短期的な期間ではなく、長続きできるように工夫しながら日々の生活に取り入れていきましょう!

【YOGATIVEのオンラインヨガパーソナルレッスンは自宅で、一人一人の身体に合わせたヨガをLiveレッスンで受けられます。】
詳細はこちら→ https://online-yoga.jp

 

関連記事一覧