甘いものを食べすぎると老化の原因に?!

美容・健康

今回は、アンチエイジングと食べ物についてのお話です。

ここ数年、「糖質ゼロ」「糖質○%オフ」といった表示のある食べ物や飲み物が、多くなっていますね。
糖質は、メタボや、病気を患っている人だけに関係することではありません。美しく、若々しくいるためにも、とても重要なキーワードになります。

甘い物を避けるべき、というのはダイエットのため、というイメージが強いですが、
実は、その他にも糖質が私たちの身体に大きなダメージを与えていることがわかっています。

「糖化」に注意!

糖化とは、必要以上に糖質をとりすぎることで、余った糖が体内のたんぱく質と結びついて糖化したたんぱく質』を生成してしまうことをいいます。
糖化が起きても初期であれば、糖の血中濃度が下がるとたんぱく質も元にもどります。
これは、例えば食後にウォーキングをするこで防ぐことができます。

問題は高濃度の糖分に長時間さらされた場合です。糖化したたんぱく質が変性し、劣化していくことで、AGE エージーイー(最終糖化産物)と呼ばれる物質ができてしまうのです。

「AGE」は美肌の大敵

このAGEは、美肌の大敵と言われています。
美肌のもとであるコラーゲンは、たんぱく質の一種です。
このコラーゲンの材料にもなるたんぱく質がAGEに変わってしまうことで、肌から弾力を奪い、シミやシワ、たるみやくすみといった肌トラブル全般の原因になってしまいます。赤ちゃんの肌がぷるぷるでシミひとつない理由も、このAGEがほとんど生成されていないからなんですね。


しかも、やっかいなのは、AGEは一度できてしまうと…元にはもどれないということです。
焼いてしまった魚が刺身にはもどれませんね🐟私たちの身体もできてしまったAGEを消し去ることはできません。怖い!!ですから、いくら高価な化粧品を大量に塗って入念なケアをしても、甘い物を食べ過ぎていては、やはり私たちの肌は老けていってしまうのです。
じゃあどうしたらいいのか…

AGEを増やさないようにする食べ方が大切

野菜を食べてAGEを避ける
たとえば、糖化反応をおさえてくれる、a-リポ酸を含むほうれん草やインゲン、トマトなどの緑黄色野菜を積極的に食べましょう!
なかでもとくにおすすめなのは、ブロッコリーです。
また、ブルーベリーやラズベリー、クランベリーなどのベリー類、オクラや納豆、モロヘイヤといったネバネバ食品や、ひじき、ワカメなどの海藻類もいいですね。

いかがでしたか?健康に、そしてキレイになる為には、やはり運動と食事から。
普段から意識をして身体に良い食べ物をチョイスしてみましょう!

 

 

【YOGATIVEのオンラインヨガパーソナルレッスンは自宅で、一人一人の身体に合わせたヨガをLiveレッスンで受けられます。】
詳細はこちら→ https://online-yoga.jp

関連記事一覧