オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEヨガティブ

メニュー

春の快適な過ごし方

美容・健康

おはようございます!
オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE〜ヨガティブ〜」です。

3月がスタートしましたね!暖かい日も増えてきて、春が近づいてきましたね。春といえば、みなさんは何を思い浮かべますか?
卒業や入学、就職や転職などの節目のタイミングでもあり、切なさとワクワクが入り混じる季節ですね。


一方でみなさん、この季節の体調はいかがでしょう?最近のように、朝と夜の寒暖差が激しい、ですよね。そして多くの人が悩まされる、花粉など様々な体調の変化もある時期ですね。

古代インドの生命科学、アーユルヴェーダによると、この世とすべては空・風・火・水・土の五元素をもとに成り立つと考えられ、人の心と体も、同じです。
さらに、この五元素をもとに、風、火、水の3つのタイプに分かれます。
季節ごとに、風、火、水のどれが支配的になるかを理解しておくと、季節の変わり目の変化に負けることなく快適な生活ができるようになります。

春はどの性質が優位になると思いますか?
例えば春になりやすい不調。春といえば眠い、だるいという方は多いのではないでしょうか?そう、春は、水の要素が支配的になります。水といえば、潤い、冷たい、鈍い、重い、柔らかい、べと付く、など、動きが少ない、静的な質を持ちます。

なぜ、この春にこう言った症状が出るかというと、寒かった冬が終わると冬の間に身体に溜め込んでいた不純物が解け始めます。
これらが、私たちの春の身体に、症状として現れ始めます。具体的には、鼻水や涙、鼻づまり、頭痛、痒み、咳、体が重い、鈍い、風邪をひきやすくなるなど。これらは、冬に未消化物・毒素が身体内に溜まっていた「しるし」なんだそうです。

春の季節に体調を崩しやすくなることは、春に生み出される問題ではなく、その前の冬の季節に原因があるとアーユルヴェーダでは考えているのですね。でもこれは、一年の中で春はデトックスを行うには最適な季節であると言えます!

春の過ごし方で意識したいポイントは、意識してとると良いと言われているのは、辛味・苦味・渋味の食べ物です。
みなさん、春の旬の野菜は、菜の花や蕗のとうなど、苦味・渋味をもったものが多いですよね。種類も豊富です。こちら、美味しく積極的に取り入れてみましょう!

ポイント2つ目は、過ごし方。
なるべく朝は早く起きましょう。春といえば眠くてだるい。ついついお昼寝をしたくなりますが、できれば眠らず、軽いウォーキングやヨガなどで、無理なく動くのがおススメです。気持ちもエネルギーが下がりやすい時期ですので、可能な範囲で、スケジュールを詰め込みすぎないようにしましょう。

いかがでしたか?このように、アーユルヴェーダ は、何かの性質に偏っている時は反対の性質のものを取り入れ、不足している時は足りない性質を補うことで身体の不調を和らげていくというように、冷えたら温める、怠くなったら動く、湿ったら乾かす。シンプルですが、毎日のこととなるとつい偏りがちなこともありますよね。
自分の体質や、普段の過ごし方、そして食事にも目を向けて、この春を快適に、楽しく過ごしたいですね。今日もステキな1日を!

関連記事一覧