自宅でできる自律神経を整えるヨガの呼吸法

ヨガについて

紫外線や乾燥、睡眠や食べ物など、肌のコンディションを左右する要素は、日常にあふれています。
そこで今回は、肌を綺麗にするための1つの方法として、ヨガの呼吸法を紹介します。

オンラインヨガ講師のsaeが足を組み目を閉じてヨガのポーズ

いつでもどこでも行えるので、ぜひ今日から取り入れてみてください。

ヨガの呼吸法で自律神経を整える

ヨガは自律神経を整え、ストレスを解消し、ホルモンバランスを整えてくれます。
そのベースとなるのは呼吸法です。

ヨガのいろいろな呼吸法は、実は様々な種類があります。
今日は、片鼻呼吸 (ナディショーダナ)のご紹介です!
こちらは簡単にできて即効性がありますので、日々の生活に取り入れてみてください。
不眠解消、リラックス、心身のバランスを改善したいときに特におススメです!

片鼻呼吸 (ナディショーダナ)

ナディとは、「気の通り道」です。
ショーダナとは、「浄化」という意味があります。

この呼吸法は、左右の鼻から交互に呼吸することで、自律神経が整い、心身のバランスをとる効果があります。

右の鼻での呼吸は、左脳を活性化させ、陽の気質(活発さ、緊張感、興奮感)を生み出します。
左の鼻での呼吸は、右脳を活性化させ、陰の気質(リラックス感、落ち着き、穏やかさ)を生み出します。

普段の生活で、私たちはどちらの鼻から呼吸するか選ぶことはできません。
すべて自律神経がコントロールしているからです。
それを意識的にコントロールすることで、体の中にある生命エネルギーを整えて心身のバランスをとるのがこの呼吸の目的です。

【やり方】
①右手のひらを自分の顔に向けて、人差し指と中指を折り曲げる。

②親指で右鼻を抑え、左鼻から息を吐く。

③左鼻から息を深く吸う。

④薬指で左鼻を抑え、親指を外した右鼻から息を吐く。

⑤右鼻から息を深く吸う。繰り返します。

その時の気分や体調に合わせてぜひ実践してみてくださいね。

【YOGATIVEのオンラインヨガパーソナルレッスンは自宅で、一人一人の身体に合わせたヨガをLiveレッスンで受けられます。】
詳細はこちら→ https://online-yoga.jp

関連記事一覧